どうしちゃったんだよ、お母さん。

caremoco.exblog.jp

拗らせ実母60歳 近居娘の日記

話がある。

b0320131_12242607.jpg
父が手すりをつけておいてくれました♪
一瞬、「下過ぎない?」と思いましたが
でもまぁこんなもんかな~
木曜の訪看さんの時に試してみて、低過ぎるようなら直してもらえばいいし。



今日はリハビリ。

トイレ介助して、今日はとても暑いので母を半袖に着替えさせました。

PTのA君到着を待っていると
(母)「ちょっと話がある」
そう言われるとドキッ!とはするけど、
母が言おうとしていることは想像がつく。
(母)「・・・リハビリやめたい。 あの人(PTのA君)嫌い。」
思ったとおりwwwwww

ホワイトボードに書きなぐる。
(↓内容は大体こんな感じ。想像はついてたけどムカつくから。)
「先生を代えればリハビリ頑張るわけ?
先生代えたって一緒だから。
厳しくしてくれって、こっちからお願いしてるの。
お母さんひとりでトイレも出来なくて、
お風呂だって いつまでも看護師さんにやってもらうつもり?あれだってお金払ってるんだよ。
リハビリをやめたければ
自分で自分のことは出来るようになって!」とか何とか書いたはず。

いまさら母が 自分で自分のことを全て出来るようになれるとは
私も思ってないけどね...。

メソメソ泣き出す母
・゜・(PД`q。)・゜・
ウザーーーーー。
泣けばどうにかなるとでも思ってんのかよ。
(ってこれ。彼とケンカしたあといつも私が言われるやつじゃん!苦笑)

A君のこと嫌いだからって理由が通るわけねーし。
ただただ面倒くさがってるだけでしょ。
誰のためのリハビリだと思ってんだよ、いい加減気づけや。

A君には正直に全てお話した。
母のやる気の問題。
それをA君も理解してくれているはずだから。

最初にダイニングを二周。
ベッドからポータブルトイレへの移動動作になると グズグズしはじめる母。
最後にまた二周させた。
歩くスピードは上がっている。


継続は力なり


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へにほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へにほんブログ村 介護ブログへ


ランキングに参加しています。
ポチっと応援よろしくお願いします。



[PR]
Commented at 2017-04-18 18:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by space-mocomoco | 2017-04-18 16:02 | ※リハビリ | Comments(1)

by MOCOMOCO