どうしちゃったんだよ、お母さん。

caremoco.exblog.jp

拗らせ実母60歳 近居娘の日記

カテゴリ:※入院生活( 31 )

退院しました。

昨日 予定の時間に病院へ。

ベッド周りの荷物をまとめ、紹介状等をいただき
あっという間に退院しました。
こんなに簡単で あっけないとは・・・。

家に帰れる喜びで 母は泣いていました。
入院中ずっと手首に巻かれていたリストバンドをハサミで切ってもらって
(私)「ようやく手錠が外れたね。シャバに出るぞ」と
父と看護師さんを笑わせてみたけれど、
私は複雑な気持ちでいっぱいでした。

お世話になった看護師さんや相談員さんにお礼を言い、
二重扉から出て
約三ヶ月の入院生活は終わりました。

車で待たせていた愛犬を 母の膝の上に。
尻尾をブンブン振りまわして大喜び♡
~o----oU・ェ・Uヾ(・・*)ナデナデ♪
母もとっても嬉しそうでした。
正直 退院してからの生活に、不安な気持ちが大きかったけれど
(不安しかなかったかも。苦笑)
その姿を見て 頑張ろう!と思いました。

帰りに役所へ。
介護保険の申請を済ませました。
あとは審査ですね・・・ドキドキする。
(その時は私が立会います)

父がおんぶで三階まで。
車椅子を買いましたが、母を車椅子に乗せたまま階段を上がるのは
やめておいた方がいいと病院で言われました。

(母)「タバコが吸いたい」とずっと父に言っているようですが
(私には言ってこない。怒られると思ってるのか?w)
吸わせません!!
お酒も もちろん飲ませません!!



[PR]
by space-mocomoco | 2016-12-13 14:41 | ※入院生活 | Comments(0)

面談

昨日 父と一緒に病院へ

今入院している病院の先生や看護師さん相談員さんに、
これからお世話になる病院(かかりつけ医)の先生やら看護師さん等が集まり
面談でした。

先生同士の何やら難しい話でポカーンとしましたがw、
聞かれたことを答え、こちらから言いたいことは言えたと思います。
頭のいい人と会話するって疲れますね(*´Д`)=3
私はずっとお腹の調子が悪い(苦笑)

特定疾病で介護保険を申請することになりました。
(病院からの帰りに役所に寄りました。
まだ終わっていないのでまた行きますが...)

12日に退院
14日に かかりつけ医になってもらった診療所の方が。
次の日に訪問看護をしてもらう所の方と実家で面談です。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-12-10 13:36 | ※入院生活 | Comments(2)

面会 26回目

昨日は面談があったので病院へ行ってきました。

私ひとりで 取り乱してしまうのではないかと不安でしたがw、
あの天使のような看護師さんが昨日は面談に同席してくれたので
とても心強かったです。

やはり、リハビリ病院への転院は母では条件に当てはまりません。
介護保険もまだ使えません。
(病気でもなく、麻痺があるのでもない。まだ60歳だし独り暮らしでもない。)
別のなるべく家から近い精神科に入院をさせたとしても、
どこの病院もせいぜい3ヶ月で出ていかなければいけません。
入院させてくれる病院を転々と渡り歩くなんて現実的には難しく、
家で面倒を見るのが大変だからって みんながみんなそんなことをすれば
病院がいくらあっても足りませんしね(苦笑)

「面倒を見るご家族が 体と心を休ませる時間が欲しいと思った時に
ああいった場所もあるという事を分かっていただけたのでしたら」と言われたので
納得しました。
あそこは そろそろ出ていかなければとプレッシャーを感じることもなく
置いてくれるのだそうで。
最後の砦として覚えておこうと思いますw
b0320131_15004588.jpg
診療所を通しての訪問看護を提案されました。
介護素人の私達が家で悶々としているよりも、専門知識のある方に
間に入っていただくわけで。
なんか・・・振り出しに戻ったような気もしますが
まぁあの時よりは
父も私も成長してるということで!そういうことにしておこう!(苦笑)
近くの訪問診療をやっている診療所に
連絡してくださるみたいです。

来週か再来週には退院します。
「ギリギリまで出来るだけここに...」なんて私も思ってしまうのは
入院させて本当に助かっていたってことですね σ("ε";)
でももうグダグダ言ってる場合じゃないんで
やるっきゃねー!



[PR]
by space-mocomoco | 2016-12-03 15:48 | ※入院生活 | Comments(1)

面会 25回目

昨日面会に行ってきました。

前回の面会から間が空いてしまいましたが
母は手を振って出迎えてくれました。
ほっ(*´Д`)=3

昨日で リハビリの先生がついてのリハビリが終わりました。
これからは看護師さんになるらしい。
(看護師さん)「見放すってわけではありませんので」って・・・
そんなこと言ってませんけどね、そう思われたくないのでしょうね(苦笑)

リハビリの先生には
わがままな母相手に 本当にお世話になりました。
大した成果もお見せ出来ずに申し訳なかったな・・・。

今日はこれから病院に行って面談があります。
父は仕事で出席できません。
泣いたり怒ったりしませんように(*_ _)人
www



[PR]
by space-mocomoco | 2016-12-02 12:30 | ※入院生活 | Comments(1)

面会 24回目

おととい父と一緒に面会へ。
途中 コンビニに歯磨き粉を買いに寄ったら
鼻セレブがパンダちゃんだ~♡
これはお母さん喜びそうだな♪と思い、持って行きました。

先生も相談員さんも おととい23日はお休みでした。

パンダちゃんティッシュを見せると、
(母)「かわいい!」と大喜び(♥∀♥)
かわいいモノ好き女子よね~♡

グズグズまた泣かれるかも...って覚悟していましたが、
そうでもありませんでした♪

先生も相談員さんも不在で、リハビリの先生がくることもなく・・・、
(私)「ちょっと歩かせてみない?」
(現状を父に見せるため)
バギーはないので、車椅子を押してもらうことに。
食堂にある手すりにつかまり、母は立ち上がってくれました。
゚.+:。d(ゝc_,・*)゚.+:。

父に 後ろから母の腰に手を添えてもらい、
私が母の押す車椅子に(重石としてw)座りました。
(私)「GOーGOー!!」
www
食堂をゆっくり往復。

入院をさせて、父と私が期待していた回復(自立歩行)は実現出来なかった・・・
でもこれが現実です。

リハビリはいつも平日だったので、入院してから
母が歩いている姿をまともに見た父は
正直ガッカリしたかもしれない・・・。

でも、
あの病院に預けるくらいならと
覚悟を決める時期になってきたと思う。
いつまでもここにはいられないんだから。

リハビリ病院への転院は 色々と条件が厳しいと、素人なりに調べてみて分かった。
(脳梗塞発症や大腿骨骨折から 何十日以内とかって条件がある。
相談員さんにまた相談はしてみますけど... あの病院を紹介されて、
見学に行った時点で もうぶっちゃけ期待はしていない。
それも仕事なんだと思っても...あれはマジでないし。)

父にも 転院は厳しいと思うと話した。
リハビリ病院が無理で、どこにも預ける所がないと
あのような病院が最終形だと。
姥捨て山か自宅か。
あとは私達の覚悟だけ。

おとといは 母一番のお気に入り看護師さんがいた。
いつも明るく優しくて、とても親切。
天使だ。
思い切って母を入院させて、一番の収穫(?)は
あの看護師さんに出会えたこと。。。
相談員さんが不在だったので、見学に行ったことを話したら
「ベッドに呼び出しブザーがないなんて聞いたことがありません。
それはないですね!」とハッキリおっしゃったwww
病院からの電話に、折り返しかけると 音声案内の方に繋がってしまうと話すと、
直通の番号を教えてくれた。
(誰も教えてくれなかったのに。)

母に、座ったままの状態で車椅子を押させてみた。
(病棟内では本来禁止× 看護師さんや家族が同伴していればOK)
腕も痩せ細ってしまって
車椅子のタイヤを回すことも無理だと思ったけど・・・イケた!!
(母)「楽~♪」
バギーを押して歩くのも、正直もう無理っぽいので
(転ばれたら それこそ大変だし。)
車椅子を買おうと決めた。

「ベッドも車椅子も買っておくから、もう少し頑張って」と話すと、
母は「高いんでしょう?」とお金の心配をする。
そんなところがお母さんらしいw
(私)「車椅子は何色がいい? 結構たくさん色があるみたいだよ」
(実は少し前からネットで調べていた)
(父)「黒とか?」
(私)「はぁ?何でわざわざ黒なのよ!」
(私)「赤とかあるよ?」
(母)「赤! 赤がいいわね♡」
・・・ったく男ってやつはね~分かってないな~(苦笑)

「家に帰りたい」と話すつもりでいただろう母でしたが、
「お母さんが帰ってくる用意をして待ってるからね」と聞いて
少しは安心したと思う。
泣かずに手を振って私達を見送ってくれた。

父の要望は
「ギリギリまで ここに置いてくれ」ですけどね・・・、それは母には内緒!(苦笑)

なんくるないさー!!



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-25 14:06 | ※入院生活 | Comments(1)

今日はこれから

非通知からの着信
母だ。
すぐに出たのに一回目は切られた。
二回目
(母)「ティッシュと歯磨き粉を 今度くる時に持ってきてほしい」と。
また泣いてたみたい・・・。

(私)「今日行くよ。待ってて」
そう言ったけど、聞こえていないのだろう。
母は言いたいこと言って電話を切った。

今日は父と一緒に病院へ行きます。
実家に帰ってきて、
(私)「お母さんから電話きたよ」
(父)「俺のところにもきたよ。話があるって言われた」
(私)「家に帰りたいって話だろうね・・・」
(父)「ああ、それしかないでしょ(苦笑)」

憂鬱だなぁ
また泣かれるんだろうな・・・。

先生や相談員さんが 今日病院にいるか分からないけど、
見学に行った病院の話をしないと。
冷静に冷静にw



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-23 13:13 | ※入院生活

面会 23回目

今日 父と一緒に面会へ

10月分の入院診療費の支払い。
はじめて丸々一カ月分の請求がくるので、正直ドキドキしていた。
父は財布に札束を入れていたらしい。
b0320131_20212351.jpg
(゚ロ゚屮)屮(゚ロ゚屮)屮
ビビリ過ぎだと2人で笑ってしまったw
検査という検査はもう終わっているので、ほとんどベッド代とご飯代なのね。

病室に着くと、母のベッドの位置が入り口すぐの場所に変わっていた。
(今までは真ん中)
車椅子を使うので(おむつやパッド等のストックもあるし)、
ちょっと狭いな...と思っていたけど広くなった♪

お風呂に入れてもらったらしく、看護師さんが最初に半袖を着せてしまったけど
長袖にしようとしていた。
あからさまに面倒くさそうな顔をする母。
着ていた半袖をベッドに放り投げた。
何でそういう態度をするかねぇ・・・
申し訳なさそうにする看護師さんに謝り、私が着替えさせた。

父は相談員さんとお話
「このままの状態で、また家族でお世話をされるのは無理だと思います。
ご家族様が参ってしまっては意味がありません」と言われたそう。
本当にそうだなぁ・・・。
父にそうハッキリと言ってもらえて、私は嬉しかった。
この入院生活で トイレ介助や入浴まで、何から何までしてもらえた。
また入院前の生活に戻ったとして、私は母の前でいつも笑顔でいられる自信はない。
イライラしない自信がない。
スルースキルなし。
父や彼にグチらないという自信もない。
全くない!!
「もし入院してなかったら どうなっていただろうね?」と父と話した。
私は実家近くに越してはきたが
きっと嫌になって実家に顔を出す回数も減っていただろう。

紹介していただいた転院先の病院について
「大きな声では言えませんが、長く預かってもらえます」と相談員さんに言われたらしい。
要は 預ける家族側の気持ちの問題ってことだ。

今は総合病院
いつまでもここにはいられない。
私が一から病院を探すより、今の母の状態も理解したうえで
先生や相談員さん方が探してくれた病院がいいと思っている。
転院する専門病院入院中に、退院後に受けられるかもしれないサービス等をじっくり調べてもらい
申請したりする準備期間をもらえるってことだから。

「家に帰る!」と 今日も泣いていた母を思い出すと正直辛い。
「じゃあ自分達だけで頑張れるの?」と考えると
・・・無理だもんね、お父さん。



明日 転院先候補の病院に電話して、
父と一緒に見学に行く予定でいます。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-18 22:30 | ※入院生活 | Comments(2)
昨日11月11日
母の誕生日です。

小さなケーキを持って面会へ。
糖尿の気で食事制限がありますが、誕生日なのでこっそりとw
生クリームを少し舐めただけで終わってしまいましたけど。
何もないよりかは・・・ね。
60歳 還暦です。
本来なら 家族や孫に囲まれて盛大にお祝いされるのになぁ・・・。

お風呂に入れてもらった時に
母が手すりを思いっきり掴んで離さないので、看護師さんがそれを振りほどこうとして
腕に引っかき傷を作ってしまいましたと報告を受けました。
(看護師さん)「申し訳ありません」と。
母は「やられたの!」と言わんばかりに私に傷を見せてきた。
(私)「大げさ!!」
www

昨日はリハビリも。
ベッドの張り紙効果(?)で その後もリハビリはやってくれているらしい。
よしよし。

食堂を一周
直進は出来るがUターンが難しい。
壁にバギーを押しつけ、ジリジリとバギーの向きを変えている。
これでは生活しにくい。
一度車椅子に戻り、手すりにつかまり立ちしながら横歩きの練習をするつもりが
もう 今日のリハビリは終わったと思った母は拒否!
あらら~。
少し歩いただけでも 筋力の落ちきった体では疲れるのだろう。
無駄に過ごした10年を取り戻すのは本当に大変だ。
でも続けるしかない!
頑張ってもらうしかない!



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-12 16:25 | ※入院生活 | Comments(1)

面会 21回目

昨日面会へ。

私が到着してすぐ
ちょうど看護師さんが母のベッドに足湯の用意をして持ってきました。
洗濯物で分かってはいたが 風呂をサボっているらしい。

(母)「面倒くさい」とか言う母に
(私)「何が面倒くさいだ!何から何までやってもらってるくせに
文句言うな!早く足を出せ!」とwww
ガッサガサで象のようなミイラのような色だった肌も
入院してからキレイになってきました☆
タオルで拭いて尿素クリーム塗りたくっておきましたw
(看護師さん)「面会時間なのにすみませんでした」なんて
とんでもない。
何から何まで感謝しかありません。

昨日はリハビリも。
リハビリもずっとサボっていたらしい・・・。
最近全然母が誘いにのってくれないので
昨日はリハビリの先生に看護師さん(しかもイケメンのw)もやってきました。
相変わらずやる気なさそうにする母
「少しでもいいので歩いてみませんか?」と優しく説得しているお二人を
もう私が黙って見てるわけありません!!
母の前にバギーを持ってきて、車椅子の前に立ちはだかり
(私)「ほら、早く。歩けるんでしょ?歩いて見せてよ」
お二人が引くぐらいにw 私はスパルタです。
立ち上がりを介助しようとする二人に
(母)「触らないで」とか言うな、マジで。
でもひとりで立ち上がりましたよ!
(看護師さん)「娘さん さすがです~」とw
優しく諭しても無駄だし、おだてるとつけ上がるから
こんな母には こんなやり方でwww
先生と看護師さんがやるわけにはいかないかぁ・・・(苦笑)

食堂を一周
しばらく歩いていなかったのでバランスが崩れているらしい。
バギーの向きを変えるその一瞬にふらつく。
歩幅は変わらず狭い。

車椅子に戻った母は泣いた。
歩けた喜びより、うまく歩けなくて泣いていたと思う。
一番よく分かっているのは母だろうから・・・。

リハビリは家に帰るため!!
やる前から諦めないこと!!
続けることが大切!!
紙に書き(熱血かよw)ベッドから見える置き時計の下に貼っておいた。
毎日リハビリがあるわけではない。
リハビリの度 私が付き添うのも無理だから。
それを見て 少しでもやる気を出してくれますように。。。(*_ _)人

「ありがとう」と帰りは笑顔で手を振ってくれた。
よしよし。



※メモ
次回 ティッシュとリップを忘れずに。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-08 15:56 | ※入院生活 | Comments(2)

面会 20回目

昨日父と一緒に面会へ。

私達が来たことは分かっているのに
母はしばらく布団に包まりグズっていた。

ようやく起き上がり、
ベッドから車椅子までの立ち上がりを 父が手伝おうとしたので
(私)「自分でやらせて!」(←鬼教官w)
面会のたび、これは出来る・出来ないを観察している。
ベッドサイドギリギリにつけた車椅子までは 自分で移動が出来る○
筋力がないので、母が自分で車椅子を動かすなんてことは出来ない×

話は結局
(母)「いつ帰れるの?」
「家に帰りたい」
「あなた(この日の標的は父。苦笑)が退院させないようにしている」と文句タラタラ。

(母)「ここは刑務所だ。
トイレにも電話するにも 誰かが必ずついてくる。
押し車(バギー)も使わせてくれない」と。

他の患者さんは結構自由だ。
(病棟からは出れないけど)
テレビを見たいならロビーで。電話も掛けたい時に。
食堂には冷蔵庫があり、自分で管理の出来る人は
自由に飲んだり食べたりしている。
(母は糖尿の気で食事制限もあるから今はまだ無理だけど)
杖をついた人でも、廊下を一生懸命リハビリだと思って積極的に歩いている。
車椅子を使っているのは母だけだ・・・。

「何も ベッドから動くなって言ってるわけじゃないよ?
リハビリを頑張れば、もうひとりで押し車を使わせても大丈夫って思ってくれるよ!」
何度も何度も父と説明した。

(母)「家に帰れば出来る。
誰も面倒なんてみてくれなくていい。
自分で出来る」と
そればっか。

入院する前
小さな段差につまずき すっ転んだり、
バギーを押して自分でトイレに行くことも諦め
布団の上で父におむつを交換してもらってヘラヘラと笑っていた
あんな生活を母は忘れたのだろうか・・・。
臭いからと
無理矢理風呂に入れられた あんな生活を忘れたのだろうか・・・。

それでも
あのシミだらけの和室に母は帰りたいのだろう。

(母)「死に場所を考える。
一日でも半日でも ここにいたくない。
帰りたい」
怒っても泣いても無理だから
今度は脅しですか?!
・・・まぁ お好きにどうぞ。
(と私は思っている)



父は面会の前日
久しぶりに兄家族との食事でした。
「最近お父さん(おじいちゃんとは呼ばせない方針w)全然遊んでくれない!」と
小さい彼女(一番下の孫)に言われたそうでw、
(行きたい所は遊園地とヤマ●電機らしい。欲しいおもちゃがあるんだなwww)
ここ2ヶ月 孫とのデートに行けてません。
父には
「休みの日だからって わざわざ面会に行かなくてもいいよ。
デートしてきな、遊んでくれるのも今のうちだけだから」と言っておいた。
兄夫婦に 母が入院していると今もまだ報告していない。
父が
「言わない」と言ったから。
意地なのか?変なプライドなのかは知らん。
言ったところで どうせどうにもならないという諦めなのかもしれないけど・・・。
私からもわざわざ言わない。
強情っぱりだから、私を含め この一家
σ("ε";)(苦笑)



鍵コメに甘え、お返事を書かずにいて
すみません。
m(。_。;))m
ありがとうございます。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-04 15:30 | ※入院生活 | Comments(1)

by MOCOMOCO