どうしちゃったんだよ、お母さん。

caremoco.exblog.jp

拗らせ実母61歳 近居娘の日記

<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

買い物

昨日父に電話した。
(私は毎日実家に帰っているが、夜は寒いから 父が仕事から帰ってくるまで待ってないw)

今度の金曜か土曜(ハッキリ覚えてないw)に、
また相談員さんと話せるらしいからよろしくねって。
私が???
仕事だからしゃーないか。

電話で、「見学に行ったあの病院は無理です」ってことは
言っておいたらしい。

転院は無理っぽいし、
あとは利用できるサービスとかを少しでも多く聞きたいと思います。



母が自宅に戻ってきた時のことを考えて
私は今のうちに出来る準備を。

(母)「ベッドも車椅子もいらない」なんて言うけど、無理だから。
無理×無理×
レンタル代もバカにならないと思うので
買っちゃえ!w
(これのナチュラルいいじゃん♡と、お気に入りに登録してたけど
全てのショップでグン!と値上がりした(゚ロ゚屮)屮)

いつかは引越しもしなくちゃいけないし~
(値上がりで考え直すw)
(引越しなんて まだまだそこまで考えられないんだけど...)
(お高い介護用ベッドなんて最初から頭にない!!w)
折りたたみにしよう!
ベランダに出せば干せるしな。
(寝たきりかもしれないけどね...あ~ネガティブ思考!まぁでも現実的に。苦笑)
頑丈そうな手すりは絶対必須で~
悩んで悩んで
(マジ頭痛い)

これにしました!

(父)「家に帰ってくれば 蹴飛ばしてでもバギーで歩かせる!!」とか言ってますが
(はいはい、そうですか~せいぜい頑張って。苦笑)
車椅子も。

赤と、替え用でオレンジ!

あとは
母部屋が畳のままでは色々とマズイので・・・

タイルカーペットに!
汚しちゃってもそこだけ剥がせるし。
(どうやら私は間違えて、一枚しか注文出来てないっぽいwww 40枚買いたいの!
壁紙屋本舗さんから連絡待ちw)

まぁとりあえずこんな感じで。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-27 15:21 | ※母のこと | Comments(1)
明日は実家マンションの
年に一度の排水口掃除の日!
(台所・洗面所・風呂場)
・・・ったく めんどくせ~。
でも逃げられない!!!!!

掃除掃除!

キッチンハイター攻撃★
www
b0320131_14301501.jpg
b0320131_14304409.jpg
よしよし。

風呂場と洗面所でカビ退治★
b0320131_14321277.jpg
換気してても
頭クラクラするぜ~。
歯ブラシやメラミンちゃん(スポンジねw)使ってゴシゴシ。

実家で
こんな機会を与えられなきゃ
やらないからね~いまだに私は。
σ("ε";) (苦笑)
b0320131_14324530.jpg
よし!



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-25 14:42 | 脱衣所&トイレ

面会 24回目

おととい父と一緒に面会へ。
途中 コンビニに歯磨き粉を買いに寄ったら
鼻セレブがパンダちゃんだ~♡
これはお母さん喜びそうだな♪と思い、持って行きました。

先生も相談員さんも おととい23日はお休みでした。

パンダちゃんティッシュを見せると、
(母)「かわいい!」と大喜び(♥∀♥)
かわいいモノ好き女子よね~♡

グズグズまた泣かれるかも...って覚悟していましたが、
そうでもありませんでした♪

先生も相談員さんも不在で、リハビリの先生がくることもなく・・・、
(私)「ちょっと歩かせてみない?」
(現状を父に見せるため)
バギーはないので、車椅子を押してもらうことに。
食堂にある手すりにつかまり、母は立ち上がってくれました。
゚.+:。d(ゝc_,・*)゚.+:。

父に 後ろから母の腰に手を添えてもらい、
私が母の押す車椅子に(重石としてw)座りました。
(私)「GOーGOー!!」
www
食堂をゆっくり往復。

入院をさせて、父と私が期待していた回復(自立歩行)は実現出来なかった・・・
でもこれが現実です。

リハビリはいつも平日だったので、入院してから
母が歩いている姿をまともに見た父は
正直ガッカリしたかもしれない・・・。

でも、
あの病院に預けるくらいならと
覚悟を決める時期になってきたと思う。
いつまでもここにはいられないんだから。

リハビリ病院への転院は 色々と条件が厳しいと、素人なりに調べてみて分かった。
(脳梗塞発症や大腿骨骨折から 何十日以内とかって条件がある。
相談員さんにまた相談はしてみますけど... あの病院を紹介されて、
見学に行った時点で もうぶっちゃけ期待はしていない。
それも仕事なんだと思っても...あれはマジでないし。)

父にも 転院は厳しいと思うと話した。
リハビリ病院が無理で、どこにも預ける所がないと
あのような病院が最終形だと。
姥捨て山か自宅か。
あとは私達の覚悟だけ。

おとといは 母一番のお気に入り看護師さんがいた。
いつも明るく優しくて、とても親切。
天使だ。
思い切って母を入院させて、一番の収穫(?)は
あの看護師さんに出会えたこと。。。
相談員さんが不在だったので、見学に行ったことを話したら
「ベッドに呼び出しブザーがないなんて聞いたことがありません。
それはないですね!」とハッキリおっしゃったwww
病院からの電話に、折り返しかけると 音声案内の方に繋がってしまうと話すと、
直通の番号を教えてくれた。
(誰も教えてくれなかったのに。)

母に、座ったままの状態で車椅子を押させてみた。
(病棟内では本来禁止× 看護師さんや家族が同伴していればOK)
腕も痩せ細ってしまって
車椅子のタイヤを回すことも無理だと思ったけど・・・イケた!!
(母)「楽~♪」
バギーを押して歩くのも、正直もう無理っぽいので
(転ばれたら それこそ大変だし。)
車椅子を買おうと決めた。

「ベッドも車椅子も買っておくから、もう少し頑張って」と話すと、
母は「高いんでしょう?」とお金の心配をする。
そんなところがお母さんらしいw
(私)「車椅子は何色がいい? 結構たくさん色があるみたいだよ」
(実は少し前からネットで調べていた)
(父)「黒とか?」
(私)「はぁ?何でわざわざ黒なのよ!」
(私)「赤とかあるよ?」
(母)「赤! 赤がいいわね♡」
・・・ったく男ってやつはね~分かってないな~(苦笑)

「家に帰りたい」と話すつもりでいただろう母でしたが、
「お母さんが帰ってくる用意をして待ってるからね」と聞いて
少しは安心したと思う。
泣かずに手を振って私達を見送ってくれた。

父の要望は
「ギリギリまで ここに置いてくれ」ですけどね・・・、それは母には内緒!(苦笑)

なんくるないさー!!



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-25 14:06 | ※入院生活 | Comments(1)

今日はこれから

非通知からの着信
母だ。
すぐに出たのに一回目は切られた。
二回目
(母)「ティッシュと歯磨き粉を 今度くる時に持ってきてほしい」と。
また泣いてたみたい・・・。

(私)「今日行くよ。待ってて」
そう言ったけど、聞こえていないのだろう。
母は言いたいこと言って電話を切った。

今日は父と一緒に病院へ行きます。
実家に帰ってきて、
(私)「お母さんから電話きたよ」
(父)「俺のところにもきたよ。話があるって言われた」
(私)「家に帰りたいって話だろうね・・・」
(父)「ああ、それしかないでしょ(苦笑)」

憂鬱だなぁ
また泣かれるんだろうな・・・。

先生や相談員さんが 今日病院にいるか分からないけど、
見学に行った病院の話をしないと。
冷静に冷静にw



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-23 13:13 | ※入院生活

転院先候補の病院へ見学

昨日 父と一緒に
今母が入院している病院から紹介された病院へ
見学に行ってきました。

まず最初に通されたのは
ベッド代のかからない
自立歩行が困難な方の病棟でした。
看護師さんは 皆さんとても感じが良く、
ベテランさんばかりに見えました。
後から考えると、
「ベテランでもないと勤まらないのだろうな...」と思っています。

病棟に一歩入ると 公衆トイレのような臭い・・・
天井が低く、薄暗く感じました。

病室も見せていただきましたが
父も私も 言葉を失ってしまった・・・。
一部屋に6つ
仕切りのカーテンがないベッドの上で
(今の病院も一部屋6つのベッドですが、仕切りのカーテンはあります)
お年寄りが生きていた。
ただただ
生きていました・・・。

父は 病棟に入った瞬間に「ここは無理」だと感じ、
目の前の光景を見るのも嫌だったらしい。

私も 母をここに預けて、
何事もないかのように自分の生活なんて
とてもじゃないけど出来ないと思った。
「お母さんには見せたくない!」
その場では言えなかったけど、
「ここに預けるくらいなら私が面倒をみる」と考えていました。

(経済的な理由や家族の問題等で、そこに託すしかなかったのだと
私なりにですが、分かっているつもりで書きました。
もし 不快に感じさせてしまったのなら申し訳ありません。)

次に案内をしていただいたのは
ベッド代のかかる病棟
そこはとても明るく開放的でした。

ですが。
詳しくお話を聞くと
・パジャマのレンタルなし×
(そんなに頻繁には通えない...山奥だし)
・リハビリパンツやパッドは持ち込めない×
(病院と提携(?)してる所から買取りのみってこと)
・リハビリは一切ない×
・ベッドにブザーがない×
(個室でも)

リハビリもなく、ベッドにブザーもないってことは
今の母にとって
何にも意味がなくね???
ただただ 居場所を提供してもらえるってことだけじゃない?
「ベッドの回転数は悪いです」って、
つまりは・・・そういう・・・事ですよね。

今は、母がトイレに行きたい時にブザーを押せば介助してもらえて、
リハビリも(毎日ではないが)してもらっている。
今がどんなに恵まれた状態だという事を 私と父は思い知った・・・。
だから 今お母さんが頑張るしないんだけどなぁ。
なぁーーーーー。

とりあえず。
紹介してもらった病院への転院はない!ありえないです!!
父と意見は一致しています。
これまで散々お世話になっておきながら、
クレームとかありえない!と思ってたけど・・・
あそこはないですっ!!
マジでないです。

(今入院してる病院の先生)「こちらとも繋がりがあるので、私達も時々行ってるんですよ♪」
とか・・・
「本当に行ったことあるんですか?!」って聞きたいぐらい。
(聞きませんけどね)
相談員さんとも、もっともっと話し合わなきゃいけないと思った。
私も父も、今すぐ母を見捨てたいわけじゃないんだと。
少しでも希望を持ちたいんだと。

とにかく
見学に行って良かったと思っています。

無理なら無理でいいんです。
家族が覚悟をするだけです。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-20 18:54 | ※母のこと | Comments(4)

面会 23回目

今日 父と一緒に面会へ

10月分の入院診療費の支払い。
はじめて丸々一カ月分の請求がくるので、正直ドキドキしていた。
父は財布に札束を入れていたらしい。
b0320131_20212351.jpg
(゚ロ゚屮)屮(゚ロ゚屮)屮
ビビリ過ぎだと2人で笑ってしまったw
検査という検査はもう終わっているので、ほとんどベッド代とご飯代なのね。

病室に着くと、母のベッドの位置が入り口すぐの場所に変わっていた。
(今までは真ん中)
車椅子を使うので(おむつやパッド等のストックもあるし)、
ちょっと狭いな...と思っていたけど広くなった♪

お風呂に入れてもらったらしく、看護師さんが最初に半袖を着せてしまったけど
長袖にしようとしていた。
あからさまに面倒くさそうな顔をする母。
着ていた半袖をベッドに放り投げた。
何でそういう態度をするかねぇ・・・
申し訳なさそうにする看護師さんに謝り、私が着替えさせた。

父は相談員さんとお話
「このままの状態で、また家族でお世話をされるのは無理だと思います。
ご家族様が参ってしまっては意味がありません」と言われたそう。
本当にそうだなぁ・・・。
父にそうハッキリと言ってもらえて、私は嬉しかった。
この入院生活で トイレ介助や入浴まで、何から何までしてもらえた。
また入院前の生活に戻ったとして、私は母の前でいつも笑顔でいられる自信はない。
イライラしない自信がない。
スルースキルなし。
父や彼にグチらないという自信もない。
全くない!!
「もし入院してなかったら どうなっていただろうね?」と父と話した。
私は実家近くに越してはきたが
きっと嫌になって実家に顔を出す回数も減っていただろう。

紹介していただいた転院先の病院について
「大きな声では言えませんが、長く預かってもらえます」と相談員さんに言われたらしい。
要は 預ける家族側の気持ちの問題ってことだ。

今は総合病院
いつまでもここにはいられない。
私が一から病院を探すより、今の母の状態も理解したうえで
先生や相談員さん方が探してくれた病院がいいと思っている。
転院する専門病院入院中に、退院後に受けられるかもしれないサービス等をじっくり調べてもらい
申請したりする準備期間をもらえるってことだから。

「家に帰る!」と 今日も泣いていた母を思い出すと正直辛い。
「じゃあ自分達だけで頑張れるの?」と考えると
・・・無理だもんね、お父さん。



明日 転院先候補の病院に電話して、
父と一緒に見学に行く予定でいます。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-18 22:30 | ※入院生活 | Comments(2)

切断!

昨日から彼が出張なので愛犬と一緒に実家泊

自室の敷布団ってこんなに煎餅布団だったっけか?w
枕も合わないし なかなか寝つけなかった。
今日敷き毛布に交換してラグも出した。

片づけでもするか。
b0320131_13091518.png
捨て!

自室押入れに入れっぱなしで放置してた
コルクボード
b0320131_13131394.jpg
昔 写真とか貼ってたな~。
それにしてもデカすぎ(苦笑)
もういらない。
b0320131_13140353.jpg
ギコギコ。

一ヵ所だけ切って
あとは足でへし折ったwww
b0320131_13154041.jpg
よしよし。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-17 13:26 | 洋室(私の部屋)

悩むね・・・

父のところに
病院(退院後生活相談員?さん)からの電話

面談後も相談員さんから私に電話をもらったけど、
「私じゃなくて父に聞いてください」と言ったので父に電話をくれるようになった。

転院先の病院が絞られてきたので、パンフレットとか渡したいし
一度直接病院まで見学に行ってもらいたいらしい。
私ともまだ話がしたいと。
今の病院をこのまま退院することになっても
「追い出された~何にもしてくれない~最低~」とか 私文句言ったりしませんけどね、
あちらも色々と大変ですね。
感謝感謝

候補としては 電車で一時間かかる山奥の病院
面談ですでに聞いてたけど、精神病院って人里離れた場所が多いらしい・・・。

父と話し合った問題は
そのまま母を転院させるか、一度家に戻すか。
どちらも母にとっては絶望でしかないだろうけど・・・。
可哀相だからって 一度家に帰ってきてもらっても
「また入院だよ」
(母)「はいそうですか」ってなるわけなーい。
ないない。
絶対ないね!と。

父の中で 今の母の状態のまま
また一緒に暮らすという選択肢は消えてるっぽい。
(何か聞きづらいから聞いてないけど)
まぁ正直私もだ。
実家近くに越してはきたけど 覚悟は出来ていない。

正直に話して
「今リハビリを頑張らないと もっと遠い場所に入院だよ?」なんて
逆効果っぽいしなぁ・・・黙っとくか。

今頑張るしかねーぞ、お母さん。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-16 23:50 | ※母のこと | Comments(1)

粗大ゴミ申請

今日は面会の話ではありません!w
昨日 病院に行こうと思えば行けたけど、行かなかった。
何か気分じゃなかったから。



排水口掃除のお知らせが入っていた。
あれからもう一年か・・・早いなぁ。
今年は和室に母を放り込まなくていいんだ、入院してるから。
(苦笑)

実家の扇風機をようやく片づけたw
自室押入れにスペースが出来たので
扇風機2台は自室押入れに。

ダイニングの収納
b0320131_12480888.jpg
動かない母しか使わないゴミ箱が邪魔なので
(私と父はシンク下扉にぶら下げたポリ袋でいい)
今はしまっておく。

今日やっと粗大ゴミを申請した。
そのうち捨てるつもりの粗大ゴミを
家に置いたまま新年を迎えたくはない。
ここまで追い込まれないとやらないんだけれども σ("ε";) (苦笑)
b0320131_15243061.jpg
(写真使いまわし)
・和室(母部屋)のたんす
500円×2で1000円
運び出しは父と彼に頼もうwww
これで母のベッドをゆったりと置ける。
b0320131_16115421.jpg
(写真使いまわし)
・父が書き物する時しか使わないコタツテーブル
(コードがないのでコタツとしては使えないw)
500円
・自宅から解体した座椅子と、引越してサイズが合わなくなった風呂の椅子
(椅子は5脚まで1つ計算だった♪)
500円
一緒に申請して捨てる。
(実家に持ってこなきゃ。苦笑)
・実家の紙パック掃除機使わないから。
200円
・漬物石2つ
無料

回収は12/7
よしよし。



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-15 13:51 | ダイニング | Comments(1)
昨日11月11日
母の誕生日です。

小さなケーキを持って面会へ。
糖尿の気で食事制限がありますが、誕生日なのでこっそりとw
生クリームを少し舐めただけで終わってしまいましたけど。
何もないよりかは・・・ね。
60歳 還暦です。
本来なら 家族や孫に囲まれて盛大にお祝いされるのになぁ・・・。

お風呂に入れてもらった時に
母が手すりを思いっきり掴んで離さないので、看護師さんがそれを振りほどこうとして
腕に引っかき傷を作ってしまいましたと報告を受けました。
(看護師さん)「申し訳ありません」と。
母は「やられたの!」と言わんばかりに私に傷を見せてきた。
(私)「大げさ!!」
www

昨日はリハビリも。
ベッドの張り紙効果(?)で その後もリハビリはやってくれているらしい。
よしよし。

食堂を一周
直進は出来るがUターンが難しい。
壁にバギーを押しつけ、ジリジリとバギーの向きを変えている。
これでは生活しにくい。
一度車椅子に戻り、手すりにつかまり立ちしながら横歩きの練習をするつもりが
もう 今日のリハビリは終わったと思った母は拒否!
あらら~。
少し歩いただけでも 筋力の落ちきった体では疲れるのだろう。
無駄に過ごした10年を取り戻すのは本当に大変だ。
でも続けるしかない!
頑張ってもらうしかない!



[PR]
by space-mocomoco | 2016-11-12 16:25 | ※入院生活 | Comments(1)

by MOCOMOCO