人気ブログランキング |

どうしちゃったんだよ、お母さん。

caremoco.exblog.jp

拗らせ実母63歳 近居娘の日記

ミウラさんへ

 はじめまして。
すぐにお返事を書きたかったのですが、うまく言葉がまとまらず一晩考えていました。
今もまとまりきっていませんが お返事を書かせてもらいますね。
長くなりコメント欄に書ききれなかったので
こちらにて失礼します。

似たような境遇の人が世の中にいること、自分だけじゃないんだって思ったこと
私にもそう思わせてくれたこと ありがとうございます。
このブログを偶然にも見つけてくれたことにも嬉しく思っています。
ほんとに色々と似たことろがありますね!!
やっぱりミウラさんも断捨離されたんですね・・・
私は母の状況を何とかしたいと約2週間前に実家を徹底的に掃除しはじめました。
今実家から戻り、本を読んだり苦しんでいる方々のブログを見ていると
自分の行動がとても虚しく何の意味もないものだったと気が付きました。
汚れは落ち、ゴミ(私からすれば)を捨てても、母の心は晴れていません。
むしろ不快だったでしょう。『勝手に何でも捨てる』って母は言ってましたから・・・。
実家の汚掃除は一旦休憩します。別の角度からアプローチしたいと思っています。
時間は何も解決などしてくれませんでした。この先も何もせずに放っておくわけにもいきません。
『私に母親はいない』と割り切って見捨てることができたら どんなに楽かと思っていますが、
それは私には出来ません。
(姥捨て山があるなら捨ててやる!金があるなら施設に放り込んでやる!とは書きましたが)(笑)
精神科もセカンドオピニオンも臨床心理士も すがれるものには全てすがるつもりでいます。
恥ずかしいなんて言ってる状況ではもうないからです。
母を薬漬けにしたいわけではありません。隔離病棟に入れたいわけでもない。
ただただ真人間になってほしいだけです。ミウラさんも同じですよね?

見守っていてください。
ミウラさんのお母さんも私のお母さんも いつか真人間に戻る日を願っています。

同じ苦しみを持つひとりの娘より。


Commented by もこ at 2014-02-28 09:53 x
実は私自身が 元夫のパワハラモラハラで 鬱になり通院経験も入院経験もあるのです。そんな薬漬けとか隔離病棟とかひどい事にはなりませんよ。

お母さんも入院の必要はあまり感じません。ご家族が良くなって欲しいと思っているし 協力的だからです。

私の入院生活悪くなかったですよ。家事から解放されるし 食事は美味しかったし 大学病院ですが病状が良くなったら 売店や喫茶室にも行けました。同じ病棟の人とも良く喋りました。ちょっと年上のおばさまとおじさまが 高校生の前で大声で猥談して 看護師さんに怒られるなんて事もありましたっけ。(笑)

精神科病棟世間で思われてる程 暗い所じゃないですよ。安心して精神科に行って下さいね。
Commented by space-mocomoco at 2014-02-28 10:41
もこさんへ
お話してくださってありがとうございます。
勝手にイメージし過ぎなんですよね、悪い方に。
夕方のニュースでたまにやっているじゃないですか。
薬がなければもう生きていけないとか、隔離病棟の薄暗い中を白い服を着た人達がノソノソ歩いて
薬の時間にはキチンと飲んだのか口の中をチェックするとか・・・
『私はお母さんをそんな風にしたいわけじゃない!!』と葛藤し踏み切れずにいました。
先生には先にハッキリと言いたいと思います。
『セカンドオピニオンや臨床心理士とのカウンセリングも考えている!』
いつか薬を処方された時には『これは何の薬でどうなるのか?』と。

ありがとうございます。
Commented by ミウラ at 2014-02-28 16:54 x
mocomocoさんへ

ブログでのお返事ありがとうございますm(_ _)m
わたしも母のことで心理カウンセリングやら精神科へ踏み込む
葛藤やら勇気やら経験したのですが
色々書いてたらコメント欄に書ききれず(笑)
mocomocoさんとほぼ同じだから書くこともないかと何度も色々書き直しています

わたしは母との戦いが3年になりますが
3年間向き合った結果私自身
泣き喚くことも、過呼吸になることも、ストレスで排卵しなくなってしまったり。本当色々なのですが

昔の母を知ってるだけに今の母を受け入れられず
わたしに強く正しく教育してくれた母は嘘だったの?と
もともと仲が良い親子だったので
どうしても受け入れられなかったのです。

元の母親に戻ってくれるならそれにこしたことがないのですが
少し散らかしてても普通に生活してほしいそれだけなんですよね

結局母がどうしたいのか、どういう人生を過ごして往生したいのか
色々今も理解できず向き合ってます。

いつかこんな時期もあったなーとため息吐きつつも懐かしく笑い話に出来る日が来たらいいのですが

遠くからお互いのことを願っています。

ではでは


追伸、姥捨山があったら出会いそうですね(^ω^)
Commented by もこ at 2014-02-28 21:14 x
そんな気負わなくて大丈夫ですよ。いきなり セカンドオピニオンなんて言ったら 先生の印象悪くするだけですよ。院内に臨床心理士がいて カウンセリングが受けられる病院もありますよ。

セカンドオピニオンを考えるのは 治療を受けても 全く良くならない時だと思います。まずは愚痴をこぼしに行くつもりで受診されたらどうですか?
Commented by もこ at 2014-03-01 09:02 x
鬱で処方される薬だって 風邪薬と同じです。病状が良くなったら辞められます。それに飲んで脳がダメージ受けるなんて事もないです。

統合失調症の人は飲まないと 幻聴や幻視が起こったりするので 薬を飲み続けないといけない様ですが 糖尿病の方がインシュリンを使い続けてるのと同じ事です。

精神科だからって特別な物ではないです。私がお世話になった先生はパニック障害が専門で 休日には自分では電車に乗れないパニック障害の患者さんと USJに行ったりする楽しい先生でしたよ。病院の待合室もホテルのロビーの様でした。
Commented by space-mocomoco at 2014-03-01 11:04
ミウラさんへ
カウセリングや精神科受診もされたんですね。
私も厳しく育てられた方だとは思います。叩かれたりもしました。
でも今となっては躾だったと分かるし、愛されていた実感もあります。
完璧な母親になって欲しいとは思いません。
そんなの無理だし、自分だって完璧な娘ではないから。
ただただ感情を取り戻して欲しいんです。今は何に対しても悪態ばかり。
いつか母とお茶でも飲みながら、
『そんな日々もあったねと笑える日がくるだろう・・・』(あゆのSEASONS)これミウラさんなら分かってくれますよね(笑)
お互いそうなりたいですね・・・いつかきっと。

姥捨て山のない現代で良かったです。あったらマジ捨ててるかもしれません(笑)
Commented by space-mocomoco at 2014-03-01 11:08
もこさんへ
確かにそうですね、いきなりセカンドオピニオンの話をすれば
『信用してるのはお前だけじゃないんだぞ!!』ってケンカを売ってるようなものですね(笑)
危ない危ない。また先走るところでしたσ("ε";)

ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by space-mocomoco | 2014-02-28 09:04 | Comments(7)