人気ブログランキング |

どうしちゃったんだよ、お母さん。

caremoco.exblog.jp

拗らせ実母63歳 近居娘の日記

もう1セットリメイク。

兄が実家に住んでいた頃
「これ彼女が買ってきたんだけどさ、俺の好みじゃないんだよね。
捨てるわけにもいかないから
お前が使ってよ」と渡された(押し付けられた)
布団カバーがありました。
結局ほとんど使わず押入れに入れっぱなし。
うぉぉぉ~!!断捨離!断捨離!と騒いでいるのに、
私の好みでもない柄の
そのカバーが捨てられませんでした。
マジで兄ちゃん余計なこと言ったわ、言った本人は絶対に覚えてないだろうけど!
このカバーを見るたびに私は
兄のために選んだ彼女の気持ちになっていたんだと思う。
それが今のお嫁さんかどうかは知らないけどな!!!w
もう1セットリメイク。_b0320131_15524192.jpg
座椅子のカバーにしてみたら
「ま、これからの季節はブラウンよりいいんじゃん?」と思ってきた。
布団カバーの状態だった時には
あんなに捨てられずに、ただただしまい込んでいただけ。
形を変えて使ってみた今は
「これボロくなったら捨てよう!」とすんなり思える。
・・・不思議なもんだ。

~それでも「捨てられない」「譲れない」ような気がするあなたへ~
「大切な人にもらったから」「自分は捨てられない人間だから」
「そもそも、私が捨てたり譲ったりしたのを知ったら○○さんが寂しい気持ちになるだろう」
「人にされたらイヤなことを自分がしてはいけない」「自分はそんな薄情もんじゃない」
・・・そうして要らないモノを取っておいているのは、モノが望むことでしょうか?
あるいはそれは自分にくれた人が本当に望むことでしょうか?
本来の機能を果たせないままのモノを放置したり、
好きでもないのでぞんざいな扱いをしたり、
大切に思ってもいないくせに情に縛られて置いておいたりしている自分が好きですか?
大概の人はそんなことをする自分は好きではないですよね。
だってそれこそ、自分がされたらイヤなことのはず。
たまたまモノに意思や感情がないだけで、あなたには感情がある。
モノは結局、あなたを映しだす鏡。
映るのは、自分をないがしろにしていた自分自身です。


  にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

ランキングに参加しています。
ポチっと応援してもらえると嬉しいです。


Commented by tarohanaazuki at 2014-05-18 06:23
夏らしい涼しげな色で部屋が明るくなるんじゃない?
お兄ちゃんからもらった布団カバーのままじゃなくて、一度手を入れたので、ちゃんと使った感がして、気楽に思えるなんて優しい!!
彼女の気持になれるのはmocomocoさんが、人の気持に敏感な証拠ですね。
そう言う人は自分の身を削ってでも人を助ける「アンパンマン」みたいなタイプだと思います(笑)
いやいや、見た目じゃないよ(爆)
Commented by space-mocomoco at 2014-05-18 23:52
母のモノは断りもなくバンバン捨てまくっていたくせに・・・
兄の彼女が兄のために選んだこれは捨てらずにいました。(どこ子だったかは覚えてませんけど!!笑)
好みでない服のプレゼントとかなら着たくない気も分かりますけど、布団のカバーですよ、カバー!
兄はインテリアにこだわりがあるようにも感じませんでしたし
「はぁ?!使えよ!p(`ε´q)ブーブー」と彼女気分に私はなっていたんだと思います。
私丸顔なのでアンパンマンですよ。
頭の中は空っぽですけどね~(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by space-mocomoco | 2014-05-18 00:00 | 自宅 | Comments(2)