どうしちゃったんだよ、お母さん。

caremoco.exblog.jp

拗らせ実母61歳 近居娘の日記

そろそろ

サッシの手前の木(何て名前?w)
黒ずみが気になりだしちゃったら
もうとまらない。

にほんブログ村 トラコミュ 掃除へ

「結露でカーテンがカビるの嫌!!」とか言っておきながらの
b0320131_18180257.jpg
セスキでスプレーパック(濃度濃い目)の暴挙!!www
(ビフォー撮るの忘れた)


(彼)「大丈夫なの?それ。」
(私)「しばらく放っておくつもりだけど」
この後 ティッシュが全体的に茶色になり
(彼)「木、ふやけてんじゃね?」
さすがにヤバイかと思って
ティッシュパックを剥ぎ
雑巾で拭く。
b0320131_18292717.jpg
何度拭いても
茶色!!ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

乾くと
b0320131_18312525.jpg
あ・・・
ムラになっちゃった系?
(一晩経って 今はもう少し色が違う)
ツヤなし。
ワックスとか必要?
・・・まぁ 何とかなるでしょう!!(多分。)



↓ここから話長いです

そろそろ実家に顔を出さなきゃと。
正月はどうするか(愛犬をいつまで実家に預けるかとかw)父と話さなきゃ~。
前回、実家から自宅に戻った時は
母とケンカ別れ。

にほんブログ村 トラコミュ 母・母親・おかんへ

あの日雨が降っていたし、自宅に帰るのは明日にしようと思っていた。
きっかけは 母がテーブルに灰皿をカツカツした音が大きく、私が注意したこと。
(キツくは言ってない!やんわり注意したのに逆ギレされた)
(母)「気に入らねー」って言われて
(私には聞こえてないと思ってて言ってるのかは知らねーけど)
マジでぶん殴りたくなった。
(殴らないけど。生理前でタイミングも最悪だった)
衝動を抑えて、
あーーー無理!!!!!と
雨の中を自転車で 荷物と犬を抱えて自宅に戻りました。
母のために トイレ前の脱衣所にストックしていた
尿とりパッドを全て撤去して・・・
(自室の天袋に丸ごと放り投げてやった!)
でもトイレ内のストックと、和室押入れに入ってるストックには
手を出さなかった。
(やってしまいたい気持ちはあったけど。)
今思い返すと・・・
ガキだな。
あの母相手に何やってんだよって感じ。

にほんブログ村 トラコミュ 家族の介護・お世話へ

でもあの時は
親なら子供に何を言ってもいいのか?
子供なら我慢しなきゃいけねーのか?って、
何で分かってくれないんだろうって思った。
こんなにも私は考えてるのに
どんなに頑張っても 報われてない気がして
嫌になった。
あの後一度実家に帰ったけど、母と一言も交わさずに
自宅に戻りました。

尿とりパッド もうなくなってるかな・・・
お母さん困ってるかな・・・
お父さんも大丈夫かな・・・

結局は
自分に はね返ってくる(_□_;)(苦笑)
自分がやりたくてやってるんだしな。
とりあえずプレフェミンのんで
カレンダーとにらめっこして
考えよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

ランキングに参加しています。
ポチっと応援してもらえると嬉しいです。



[PR]
Commented by tarohanaazuki at 2015-12-03 21:11
悪になり切る事が出来ないのに、つい毒を吐いてしまった結果、自分を責めちゃう!(笑)
優しい人が陥ってしまうドツボだね(笑)
そこが血の繋がった者の難しいとこだよねえ。
全くの赤の他人なら、「この人ムカつく」「この人嫌い」と思えば相手にしなければ良いだけで、罪悪感も何も感じないものね。
mocomocoさんに、これ以上我慢しろなんて言えないよ!
だから自分を責めるのはやめようね。

母娘って、本当にややこしいよね。
親と子の時期はなんとか折り合いがついてたけど、女対女になったら対等なんだけどねえ。
私にも覚えがあるけど、母親の意識がいつまでも「親」を捨てきれないんだね。

とにかく体調のいい時に覗いてみればいいよ。
心配だろうけど無理しちゃダメ!
Commented by ちゃーちゃん at 2015-12-04 10:38 x
実家母が具合が悪くなり始めた頃。
調子悪そうだけど、何か手伝おうか?と声をかけても「大丈夫だから放っておいて!」ってケンカ腰。
実家父に電話して様子を聞くと、やっぱりおかしい。
で、出向くと気張って大丈夫なふりをしているのがわかる。

これは何なんだ?と考え続けていたのですが、母の上の世代の人たちが年をとって自分の子供たちの世話になるとすると、絵に描いたようなおじいさんおばあさんの外見だったのでしょう。
外出すると(お買い物だと特に)お若いと褒められるのに、家族は私を年寄り扱いする!下にみられている!ときっと考えていたんでしょうね…
でも、ふとした拍子に尿漏れして慌てていたようで、現実を突きつけられたのでしょうか、押し入れからタンスからタオルの引出しから、あちこちにパットが隠され(なんかキレ~な小物袋に入ってるんですよ…)ていて。
この辺は父にもうまく言えなかったんでしょう。
父も、加齢ということを自分自身の事として捉えたくない雰囲気を持つ人なので…

ウチの場合は介護の資格を持つ姉が母が入院したころに介入してくれて、うまく接する方法を教えてくれましたが、あのタイミングで登場してくれなかったら困っただろうなぁとつくづく思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by space-mocomoco | 2015-12-03 20:12 | 自宅 | Comments(2)

by MOCOMOCO