人気ブログランキング |

どうしちゃったんだよ、お母さん。

caremoco.exblog.jp

拗らせ実母62歳 近居娘の日記

転院先候補の病院へ見学

昨日 父と一緒に
今母が入院している病院から紹介された病院へ
見学に行ってきました。

まず最初に通されたのは
ベッド代のかからない
自立歩行が困難な方の病棟でした。
看護師さんは 皆さんとても感じが良く、
ベテランさんばかりに見えました。
後から考えると、
「ベテランでもないと勤まらないのだろうな...」と思っています。

病棟に一歩入ると 公衆トイレのような臭い・・・
天井が低く、薄暗く感じました。

病室も見せていただきましたが
父も私も 言葉を失ってしまった・・・。
一部屋に6つ
仕切りのカーテンがないベッドの上で
(今の病院も一部屋6つのベッドですが、仕切りのカーテンはあります)
お年寄りが生きていた。
ただただ
生きていました・・・。

父は 病棟に入った瞬間に「ここは無理」だと感じ、
目の前の光景を見るのも嫌だったらしい。

私も 母をここに預けて、
何事もないかのように自分の生活なんて
とてもじゃないけど出来ないと思った。
「お母さんには見せたくない!」
その場では言えなかったけど、
「ここに預けるくらいなら私が面倒をみる」と考えていました。

(経済的な理由や家族の問題等で、そこに託すしかなかったのだと
私なりにですが、分かっているつもりで書きました。
もし 不快に感じさせてしまったのなら申し訳ありません。)

次に案内をしていただいたのは
ベッド代のかかる病棟
そこはとても明るく開放的でした。

ですが。
詳しくお話を聞くと
・パジャマのレンタルなし×
(そんなに頻繁には通えない...山奥だし)
・リハビリパンツやパッドは持ち込めない×
(病院と提携(?)してる所から買取りのみってこと)
・リハビリは一切ない×
・ベッドにブザーがない×
(個室でも)

リハビリもなく、ベッドにブザーもないってことは
今の母にとって
何にも意味がなくね???
ただただ 居場所を提供してもらえるってことだけじゃない?
「ベッドの回転数は悪いです」って、
つまりは・・・そういう・・・事ですよね。

今は、母がトイレに行きたい時にブザーを押せば介助してもらえて、
リハビリも(毎日ではないが)してもらっている。
今がどんなに恵まれた状態だという事を 私と父は思い知った・・・。
だから 今お母さんが頑張るしないんだけどなぁ。
なぁーーーーー。

とりあえず。
紹介してもらった病院への転院はない!ありえないです!!
父と意見は一致しています。
これまで散々お世話になっておきながら、
クレームとかありえない!と思ってたけど・・・
あそこはないですっ!!
マジでないです。

(今入院してる病院の先生)「こちらとも繋がりがあるので、私達も時々行ってるんですよ♪」
とか・・・
「本当に行ったことあるんですか?!」って聞きたいぐらい。
(聞きませんけどね)
相談員さんとも、もっともっと話し合わなきゃいけないと思った。
私も父も、今すぐ母を見捨てたいわけじゃないんだと。
少しでも希望を持ちたいんだと。

とにかく
見学に行って良かったと思っています。

無理なら無理でいいんです。
家族が覚悟をするだけです。



Commented at 2016-11-20 19:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-21 08:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-21 08:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-26 19:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by space-mocomoco | 2016-11-20 18:54 | ※母のこと | Comments(4)