どうしちゃったんだよ、お母さん。

caremoco.exblog.jp

拗らせ実母62歳 近居娘の日記

訪問看護とケアマネさん

訪問看護の方とケアマネさん
これまでは電話だけでのやりとりでしたが
今日顔合わせでした。

はじめてお会いした女性訪問看護師さんも
とっても優しかったです♪

ベッドからの起こし方と、車椅子への乗せ方を
教えていただきました。
(名無しさん コメントありがとうございました。)

今までベッドの真横に正面から停めていた車椅子だけど斜めに。
(※必ずタイヤのブレーキをかけること)
起こす前に ベッドの上の方に母の体を上げる。
母の膝を立てて、頭を後ろから手で支え腰から体を回転! 足を先にベッドから下ろす。
母の足の間に左足を入れる。
正面から脇の下に手を入れ、母にも抱きついてもらう。
せーの!で車椅子に。
(車椅子からベッドへも同様に。)

楽!!
全然違う!!ビックリ!!
これまで完全に力任せだったので 私の腰も腕もやられていました。
。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。
母の両手には青あざ・・・。
私の事を怖がっていました。
実家に帰ってくるなり嫌そうな顔をして
(母)「今日も痛い思いをする」とか・・・
お~い、聞こえてますよー!(苦笑)
私だってやりたくてやってるわけじゃないし、意地悪してやろうなんて思ってない。
母の口だけは達者なので
「痛い!」とか、しまいには「殺される」と。
「お父さん早く帰ってきてー」ってメソメソ泣かれ、
じゃあ自分でやれや!!とイライラ。
「怖い」と怯えた表情の母。
体もメンタルも こっちの方が先にやられてしまう。
顔を見ないようにして、声すら聞きたくないので、最近はイヤホンで音楽をガンガン聴きながら
私は自分の世界を守っていた。

介助方法を少し教えてもらっただけで
とても救われた。
(嫌なのは変わらないけど。苦笑)

ベッドも介護用ベッドの方がいいに決まっているし、ポータブルトイレの導入も
今のこの状態では考えなければいけませんねと。
介護保険の訪問調査の後に転倒して
これなので、
訪問介護の方もケアマネさんも大変驚かれたし
がっかりさせてしまっただろうな・・・。
ポータブルトイレを買うかレンタルにするかで
揉めていたようですが
(合う合わないがある。使ってみなきゃ分からない。補助金は出るから買った方がいいとか。)
とりあえずカタログを持ってきてくれるらしい。

訪問診療と訪問介護を 同じ日や連日にした方がいいですか?と聞かれた。
(私)「別々でお願いします。その方がその時だけでも優しく過ごせるので!」と正直に答えたw
人が来てくれるってありがたい。
最初は面倒で面倒で仕方なかったけど。
話を聞いてもらえるだけで助かる。
全て分かってもらえるから。

転倒してしまったショックで 母の気持ちが滅入っているようなので
(ケアマネKさん)「もう少しだけ甘えさせてあげてね」
(私)「はい。もう少し私は大人になります」
(一同)「あはははは~」
みたいなw

明日は訪問診療です。



Commented at 2016-12-27 21:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by space-mocomoco | 2016-12-27 15:35 | ※訪問看護 | Comments(1)