人気ブログランキング |

どうしちゃったんだよ、お母さん。

caremoco.exblog.jp

拗らせ実母63歳 近居娘の日記

2016年 09月 26日 ( 1 )

面会 三回目

昨日 父と面会へ。
ベッドに横になっていた母の下半身には管が繋がってあり、尿を袋に溜めていた。
私達の顔を見た瞬間
母は泣き出してしまい(あんな姿を見られたくなかったのだろう...)、
自分でベッドにあるブザーを鳴らした。
看護師さんが来てくれ
「ちょうどいい時に来てくれました」と。

看護師さんの説明では
24時間尿を採っての検査。
看護師さんからも母には事前に説明してくれたと思うけど
改めてホワイトボードに書き、
「今日我慢すれば 明日には外してもらえる」と説明すると
母は落ち着いたようだった。

泣かれると正直ツライ。
一緒に泣いてしまいそうになるのを堪えた。

持って行った愛犬写真を
ノートの表紙全体に貼り付けた。
大切そうに いつも母はノートを自分のそばに置いてくれている。
(母)「返事を書こうと思ってるんだけど、
私は忙しいのよ!」と言われたwwwww
毎日 何かしら検査があるからね。

泣いたのは最初だけで、
少しすれば いつものグチばかり母に(苦笑)
お風呂に入れてもらったそうだ。
(母)「男の人だった」と不服そうでしたが、
(母)「髪サラサラになった♪」と喜んでいた。
「家で怒られながら無理矢理洗われるより、病院の方が絶対に優しくしてくれる」と
ノートに書いておいたのだ。
Σd(ゝ∀・)☆

(母)「おとといの夜、から揚げが出たの♪ 美味しかった~♡
あなたの餃子が食べたい。にんにくたっぷりのやつ!」と
食べ物の話ばかりw
この前は ひとつも食べなかったのにね」と父と笑った。
退院したら 飽きるほど餃子を作ってあげよう。

(母)「みんなが着てるピンクのパジャマは病院で売ってるの?」と聞くので、
(私)「あれは一日いくらか払って借りてるんだよ。
うちは貧乏だから借りない」と話すと笑ってくれた。

(母)「無理して来てくれなくても大丈夫」と言いながら
(母)「こうして会いにきてもらってるのは私だけだわ」と満足そう(*´pq`)クスッ

母の口からはじめて
がんばる」という言葉が出た。



by space-mocomoco | 2016-09-26 11:53 | ※入院生活 | Comments(4)